寺本真紀の海洋深層水研究室のホームページを訪れて下さりありがとうございます。本研究室では分子生物学的手法を足掛かりとして深海も含む海の細菌について主に研究しています。深海の細菌は、近くにある高知県海洋深層水研究所アクア・ファーム(高知県室戸市)で汲み上げられる新鮮な海洋深層水に棲む細菌や、この深層水とともに迷い込んでくる深海生物に付着した細菌を主に利用させて頂いています。イノベーションを目指した基礎から応用までの研究や、ただ自然への興味から究を行っています。よろしくお願いします

研究活動

プラスチック分解菌の研究
プラスチック分解菌の研究

海洋環境を特徴づける微生物についての生態学的な研究

生態学的な研究により、ある環境に特徴的または重要な微生物の情報を取得し、その微生物のもつ有益な能力を利用することに役立てていきます。

最近の研究

  • プラスチック分解環境の解析 new
  • 海洋深層水に棲息する細菌の研究   日本周辺の海の深層や表層にすむ細菌を調査しました。あるる菌がどれくらいいるかなど、いろいろ利用して頂けましたら幸いです。
  • 非常に新規な海洋細菌の獲得とその性質の解析(1年の探索で新目の菌まで発見しました。
  • 深海生物の表面に棲む細菌群の研究                                                      

>> 詳細はこちら


海からの活性物質Xで、神経細胞が何か分泌?
海からの活性物質Xで、神経細胞が何か分泌?

有益な海洋微生物の探索

細菌は非常に多様性に富むため多様な機能をもつ可能性を秘めています。 本研究室では細菌を主な標的として有益な海洋微生物を探索し 、発見した有益な微生物をその微生物のもつ遺伝子資源も含めて利用していきます。

最近の研究

  • プラスチック分解菌の探索 new 
  • 燃料となる油(脂肪族アルコール; C14,16,18)を生産する海洋細菌の発見 (Published)
  • 海洋細菌が生産する抗菌物質などの生理活性物質の解析
  • 深海のある環境で優占化していた細菌の代謝産物の解析 

 

>> 詳細はこちら


遺伝子組み換えにより、油を溜めて浮いた大腸菌
遺伝子組み換えにより、油を溜めて浮いた大腸菌

有益な微生物の構築

役に立つ微生物を考案し遺伝子操作により構築していきます。有用な細菌・古細菌・植物細胞などを構築していきます。

最近の研究

✿ 石油を生産する新しい細菌の発見・獲得に成功しました。この細菌の遺伝子資源を利用して、石油を環境に優しく大量生産するこれまでにない微生物の構築に挑戦中です。 

 

 脂肪族アルコールを乾重量あたりで30%(w/w)も蓄積する細菌を作りました(特許出願済み)。

 

>> 詳細はこちら


メッセージ

2021年10月 仁淀ブルーで有名な仁淀川で微生物採取してみました。

2021年10月 学部生(3年生)を新しく受け入れました。Welcome!

🌼 みじかい夏休み 🌼

2021年 5月 マリンバイオテクノロジー学会のシンポジウム(MaOIプロジェクトで、健康食品・創薬に向けた生理活性物質の探索についてお話しました(online)。お立ち寄り下さいました皆様、大変有り難うございました。

2021年 3月 物部キャンパス(空港隣接)に引っ越しました。津波注意ですが、景色良いです。

2021年 2月 対面での卒業研究発表会、良い思い出になりました。

2021年 2月 学内の都留研と合同で卒研発表会の練習をおこないました。仕上がってきました。

 

>>更に読む

アシスタント(研究補助員)さん募集中です。ご興味のある方はご連絡頂けましたら幸いです!   ✿(╹◡╹)✿