寺本真紀の海洋深層水研究室のホームページを訪れて下さりありがとうございます。本研究室では分子生物学的手法を足掛かりとして深海も含む海の細菌について主に研究しています。深海の細菌は、近くにある高知県海洋深層水研究所アクア・ファーム(高知県室戸市)で汲み上げられる新鮮な海洋深層水に棲む細菌や、この深層水とともに迷い込んでくる深海生物に付着した細菌を主に利用させて頂いています。イノベーションを目指した基礎から応用までの研究や、ただ自然への興味から研究を行っています。よろしくお願いします

研究活動

プラスチック分解環境?
プラスチック分解環境?

海洋環境を特徴づける微生物についての生態学的な研究

生態学的な研究により、ある環境に特徴的または重要な微生物の情報を取得し、その微生物のもつ有益な能力を利用することに役立てていきます。

 

最近の研究

  • プラスチック分解環境の解析 new
  • 海洋深層水に棲息する細菌の研究
  • 非常に新規な海洋細菌の獲得とその性質の解析(新目の菌まで発見しています。
  • 深海魚の表面に棲む細菌群の研究                                                      

>> 詳細はこちら


深海菌の新規シグナル因子で近くの菌が活発に増殖
深海菌の新規シグナル因子で近くの菌が活発に増殖

有益な海洋微生物の探索

細菌は非常に多様性に富むため多様な機能をもつ可能性を秘めています。 本研究室では細菌を主な標的として有益な海洋微生物を探索し 、発見した有益な微生物をその微生物のもつ遺伝子資源も含めて利用していきます。

最近の研究

  • プラスチック分解菌の探索 new 
  • 燃料となる油(脂肪族アルコール; C14,16,18)を生産する海洋細菌の発見 (Published)
  • 抗菌物質を生産する新規な海洋細菌の解析
  • 深海のある環境で優占化していた細菌の代謝産物の解析 

>> 詳細はこちら


脂肪族アルコール(油)を溜めすぎて浮いた大腸菌
脂肪族アルコール(油)を溜めすぎて浮いた大腸菌

有益な微生物の構築

役に立つ微生物を考案し遺伝子操作により構築していきます。有用な細菌・古細菌・植物細胞などを構築していきます。

最近の研究

✿ 石油を生産する新しい細菌の発見・獲得に成功しました。この細菌の遺伝子資源を利用して、石油を環境に優しく大量生産するこれまでにない微生物の構築に挑戦中です。 

 

 脂肪族アルコールを乾重量あたりで30%(w/w)も高蓄積する細菌を構築しました(特許出願済み)。利用して下さる企業さまなど、お声掛け頂けましたら幸いです。

 

>> 詳細はこちら


 プラスチック分解の最新のご報告

 プラスチックフィルムが、本研究室で保有する菌で分解されています。右の試験管内のプラスチックは、菌の作用で粉々になりましたが、菌で処理しなかった左の方は、粉々になりませんでした。

 


メッセージ

2018年10月   3年生の学生さん3名が配属され、一緒に研究を少しずつ進めていくことになりました。

 よさこい休み 

2018年 8月   オープンキャンパス(物部)へのたくさんのご来場、ありがとうございました。

2018年 7月 新しくアシスタントさんに少し来て頂けることになり、研究室に"花が咲いた”感じになりました 

2018年 6月 NITEから懐かしいお客さまが訪問して下さりました。ありがとうございました。

2018年 4月 特許「脂肪族アルコール合成細菌及び脂肪族アルコールの製造方法」を出願しました(特願2018-83292)。

2018年 4月 慶応大学の宮本先生のグルーブがお越し下さり、プラスチック分解プロジェクトのキックオフ会議をおこないました。

2018年 4月 国立感染症研究所の鈴木先生がお越し下さり、抗生物質探索の小会議おこないました。

 

>>更に読む

 

学生さんも がんばってます ♪   (╹◡)