有益な海洋微生物の探索

細菌は非常に多様性に富むため多様な機能をもつ可能性を秘めています。 本研究室では細菌を主な標的として有益な海洋微生物を探索し 、発見した有益な微生物をその微生物のもつ遺伝子資源も含めて利用していきます。

その他

JSPSより助成頂いております。

主な研究協力

  • 宮本 憲二 先生(プラスチック分解プロジェクト)
  • 鈴木 仁人 先生(抗生物質探索プロジェクト)
  • 太田 信哉 先生(ゲノム探索による発現タンパク質の解析)

最近の研究

・プラスチック分解菌の探索

特に海洋での莫大なプラスチックゴミが環境問題になっています。そこで、環境浄化やリサイクルのために、分解の報告がないプラスチックを分解する画期的な細菌を探索中です。

・ミキソール(カロテノイドの一種)を生産する新規の海洋細菌の発見

カロテノイドはガンや心臓病といった重い疾患を予防する可能性のために注目を浴びています。ミキソールを生産する珍しい細菌(新属)を発見しました。

・ある海細菌のゲノム解析

好冷性の細菌種 Tenacibaculum ovolyticumのゲノムを解読しました出版されました。この菌種は深海のある海水域に多く存在し、また興味深い活性も示します報告準備中

・抗菌物質を生産する新規な海洋細菌の解析 

新しく現れ続ける多剤耐性菌に対抗するため新しい抗生物質の発見が期待されています。そこでこれまでにない抗生物質を作る細菌を海から探索しています。界的に脅威な多剤耐性菌の生育を阻止できる種々の新規な菌の獲得に成功し、この菌の作る抗菌物質の同定に全ゲノム情報を利用しながら挑戦中です。

・深海のある環境で優占化していた細菌の代謝産物の解析

深海のある環境で優占化していた細菌が、異種細菌の増殖を促進することを発見しました。この深海菌から、生育を促進する非常に新規なシグナル因子を単離することに成功し、現在詳細な構造解析と合成遺伝子の単離を行なっています。

・原油系の燃料となる油を生産する海洋細菌の発見

原油系燃料となる油を生産する新規細菌の獲得に成功しました。この菌を利用して石油代替燃料を環境にやさしく得ようと研究を進めています。